引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

新人研修の為に引っ越しした時に大失敗な出来事が・・

006

寮生活と新人研修期間

私は31歳男性です。これは私が大学を卒業し、新社会人としてスタートした頃の話です。
23歳の春、私は大手証券会社の総合職として就職しました。最初の3カ月は東京のいくつかの支店に総合職が全員集まり、研修を受けます。私は当時千葉県にある会社の寮に入っていました。
寮には同期が20人ほどいて、勿論既に働いている先輩も入っていました。「ついに社会人になったかあ。」そんな実感とともに、その寮で私は社会人スタートを切りました。当時私は大学から親しんだ大阪に彼女がいました。大学時代の後輩です。ですので支店配属がある際も希望を出せるのですが、私は大阪の支店を強く希望しました。

支店配属決定

そして希望通り、大阪の支店へと配属が決まりました!慣れ親しんだ街で仕事が出来るのが嬉しかったとともに、何より彼女のもとにまた戻れるのが堪らなく嬉しかったし安心しました。配属直前、大阪の会社の寮への引っ越しのため、部屋の片づけを始めました。たった3カ月。しかしとても濃い3カ月で感慨深いものがありました。引っ越し手配は全て会社がやってくれるため、私は荷物をまとめるだけです。引っ越し直前の休日には、定期券内にある全ての駅に降りてみて、一枚ずつ写真を撮ったりました。
引っ越し当日、荷渡しと同時に自分自身も大阪へ移動。移動当日に荷物は大阪の寮へ届き、その日に私は引き受ける予定でした。そして当日に入る旨、大阪の寮の管理人にも伝えて東京を後にしました。

支店の先輩たちのオールでカラオケ

さぁ配属当日。これからお世話になる先輩。上司。支店長。ここでしばらくは勤務をするため、研修初日よりも私は緊張しました。「恐い支店長だったらどうしよう。嫌な上司じゃなけりゃいいけどな・・」色々な想いが交錯したまま、私はデスクへと着きました。先輩は優しそうでした。支店長は少しイカつかったです。配属当日、既に支店にいた新卒のエリア総合職の女の子2人、私を含めた総合職の男子3人と先輩社員数名で、カラオケに行くこととなりました。2時間ほどで終わる予定が盛り上がってしまいそのままオールに!楽しさのあまり私は声がかれるまで騒ぎました。まだ大学ノリが抜け切れていない新入社員。先輩もその勢いに、喜んでくれたようでした。

寮の管理人さんとの「初めまして」で怒られる!

問題はここからでした。結果的に入寮が「朝帰り」となってしまったのです。今考えれば予め連絡をとっておけばよかったのですが、連絡をしないまま朝早くに寮のベルをならし、「今日からお世話になります。」と乱れたシャツと眠気眼で突入すれば寮の管理人も怒るにきまってます。「はじめてが朝帰りなんか前代未聞や!何を考えてるんや!」と初日に早々怒られました。「すみません。急に先輩から誘われまして・・」と謝るも寮の管理人は怒りおさまらず。

今までお世話になる人で初対面から怒りをくらったことなどありませんでした。おそらくこれが最初で最後だと思います。結局は仲良くなり、この会社にいる間は大変にお世話になりましたが、今思えば本当に失礼だったし心配させただろうなと感じいます。
これも一つのいい思い出です。