引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引っ越しで契約確認はしっかりとしなければいけない理由が・・

0526005
真冬になると、あたりが真っ白に染まる。そんな雪国で一人暮らしをしている私が、初めて引越しをすることになりました。
必要に迫られて、という訳ではなく、今まで住んでいた部屋の狭さと、以上に高い暖房費をなんとかしたかったのです。

と、いうのも、

暖房に使用していたのは借りたアパートの部屋に最初から設置されていたガスストーブで、種別はプロパンガス。
あまり寒さを我慢せずに暖房を使った月は、最高で2万円を超えました。一人暮らしワンルーム約20㎡の部屋を温めるのに、この価格は異常では、と今でも感じるほとの高額さです。それも、全く寒さを我慢していない訳ではなく、です。

厚着をしたり、単純に寒さを我慢したりしても少しストーブを使えば暖房費だけで1万円を超える事が頻繁にありました。
プロパンガスと都市ガスなら、都市ガスが圧倒的に安いという事を知った私は、その暖房費に耐えかねて都市ガスの物件を探しました。

新しく借りた部屋は、今まで住んでいた部屋の2倍ほどの広さがありながら家賃はほぼ同額で、同じくガスストーブですが使用するのは都市ガスという事で、プロパンガスを使用していた今までの物件と比較すると冬の暖房費も大きく抑えられました。

今月は使いすぎちゃったな〜、という月でも1万円程度でしたので、プロパンガスの半額です。
部屋自体も、以前住んでいたところより寒くなりにくいようで、多少の寒さならこたつで凌げることもあります。こたつの電気代って、ガスストーブと比べてとても安価なんですよね。

そして、今まで住んでいたこのプロパンガス物件、お金がかかるのは暖房費だけではありませんでした。

引越しの際、突如1万8千円を支払ってくださいと今まで住んでいたアパートの管理会社に言われ、驚いて契約書を確認すると、ストーブをオーバーホールして清掃を行うために、退去時にその額を請求すると記載されていました。

契約当時、無知だった私は契約書をよく読まずに契約してしまっていたようで、今考えても恐ろしいことをしていたと思います。

ともあれ、契約してしまっている以上、払わないわけにはいきません。退去時に追加で2万円近いストーブオーバーホール費用を支払いました。

プロパンガスを使用する物件でのガスストーブ。
退去時にガスストーブのメンテナンス費用の請求契約。

とにかく、暖房にお金を取られる賃貸からの脱出となりました…。

なお、友人たち曰く「都市ガスよりも灯油ストーブの方が安い」という説もあるそうで、次回引っ越しをする時にはどちらがいいかな、と、また選択肢が増えてきそうです。

懐の暖かくない当時の私に取って痛すぎる出費によって、契約書はしっかりと確認する、という、当たり前のことを社会人になる前に痛感できた、貴重な体験でした。

新しく借りた部屋では、借りる前からある傷など、入念にチェックし、契約書もよく読みました。
とは言いましても、住んで何年も経つとその内容も忘れているな、という事を思い出します。

「年に一度、現在でも有効な契約は契約書を読み返す」という事を年末行事にしようかな、と考えています。

特に、賃貸契約の契約書の中身はしっかり把握しておくことで、引越しの時に驚きの請求をされる、なんていうトラブルは未然に防げるのではないかな、と思うのです。