引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

複数ある引越し業者から選択するだけで、費用が割引に!?

003

ネット見積もりを有効に使う

半年程前に引越し業者に頼んで引越しをしました。
便利になったもので、1件1件引越し業者に電話で依頼をしなくて、ネットで無料の見積もり依頼が出来るようになりました。私はこの無料見積もりを大いに使わせて頂きました。
理由としては、2点です。

1.一括で複数の会社の見積もりが手に入り、比較が容易に出来る
2.金額交渉する際に具体的な金額が提示できる

この2点だと思います。
ただ、デメリットだと感じこともあるので、それも隠さずに記載させて頂きます。
ずばり、電話が頻繁に来るようになる事です。一括で依頼が出来るという事は、複数の引越し業者に連絡先などの情報が出回るという事です。
その為、引越し業者も自分達で頼んで欲しいと頻繁に電話が来るようになります。

先ず、便利だけどその反面デメリットももちろんある事を認識して頂ければと思います。

即答で返事をしない

一括の見積もり依頼の最大の長所は複数の引越し業者の比較が容易に出来ることです。仮に、毎回頼む引越し業者が決まっていたとしても複数の見積もりを取る事は後々、大きなメリットになります。なので、良いと思っても即答で返事をしない事が大切です。

価格を最重視する方は一括で複数の見積もりが入手出来るので、最安値の業者に頼めば納得してお願い出来ると思います。
また、頼む業者が決まっている人も他者の金額を知る事は情報として持っておいて損はないと思います。

では、なぜ即答をしてはいけないのか、それは他社見積もり金額を伝えるだけで、引越し費用を軽減出来る可能性がグッと高まるからです。
初回の提示金額とはいわば、頼んでくれたら嬉しい金額です。つまり定価に近い金額です。家電量販店でも今は値引きが日常茶飯事になってきているように、引越し費用も値引きを受ける事は大いに可能です。

だからこそ、即答での返事はグッと堪えてみてください。

複数の見積もりから、自分の希望金額を決める

ここからは人によって金額は異なると思います。
複数の引越し業者から見積もりを貰えば、今回の引越し費用の相場をある程度知ることが出来ます。もし、自分が考えていた予算よりも安ければそのまま頼んでしまって良いと思います。ただ、自分が予想していた金額よりも高かった場合は、踏ん張りどこです。

明確に予算を決めているなら、その金額を引越し業者に伝えてみてください。
ここで重要なのは、「ただの値下げ電話ではなく、値下げしてくれたら頼みます」と相手に思って貰う事です。引越し業者も注文が取れるかもと思えば、真剣に対応してくれます。

仮に引越し予算を8万と思っていたら、若干それよりも低い金額75,000円等一旦伝えてみて下さい。8万と伝えてしまうと8万から交渉が始まるので、8万を下回る事は少ないと思います。

仮に自分が想定している金額が無理な場合は、引越し業者も即、「その金額は無理です」と言ってくれます。

早めの問い合わせ、もしくは直前の予約が狙い目

最後にお伝えしたいのは、引越し業者への依頼する時期です。
それは、前もっての予約か直前の予約が狙い目です。
前もっての予約の良さは、引越し日時や時間帯を選べる事です。なので、引越し出来る日時に制限がある方は早め早めの問い合わせを強くオススメします。

もう一方はリスクも伴いますが、大きく値引きを受けられる可能性があります。それは、直前の引越し依頼です。

引越し業者も日々、注文が入る事が望ましいのですが、埋まらない日もあります。そんな時は多少の値引きをしてでも、注文が欲しいと言うのが本音です。
なので、引越し日時も時間帯も特に気にしない方は、直前の引越しを依頼してみても良いかも知れません。通常以上に値引きを受けられる可能性があります。

ただ、注意点として引越し繁忙期は避けた方が良いと思います。(4月前後、年末など)この時期は待っていても注文が来るので、逆に空きが出来ることが少ないです。

最後に本当に金額だけを重視するのであれば、赤帽引越しがオススメです。
デメリットは引越しの手伝い(荷物運びなど)を自分も手伝わないといけませんが、
春日部から足立区までの引越し費用(嫁と自分の2人分の荷物)2万円未満でした。

もし良ければ、候補の1つに入れてみては如何ですか。