引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引っ越し業者選びは手を抜かず!

1

引っ越し業者選びに大苦戦 見積もりってこんなに違いがあるの!?

2年前、念願だったマイホームが完成しました。ピカピカのマイホーム!新生活スタートの前に待ち構えている、一大イベントとなる引っ越し。どの引っ越し業者にお願いするべきか、とっても迷いました。

大手の有名な業者にお願いするべきか、地元に密着した比較的低予算でできそうな業者を選ぶべきか。とにかくまずは、何社かピックアップし、見積もりをお願いすることに。ここでまず驚いたのが、業者や引越日によって、予算が大きく変わること。

我が家の引っ越し希望日は、いわゆる繁忙期と呼ばれる春休み。通常期に比べ、業者によっては2倍以上の予算になることも!春休みの中でも、3月末~4月第一週くらいの間は、特に高い設定となっていました。

大手の業者は安心感があるものの、やはり価格はかなり割高。予算を大きく上回る業者は、この段階ではずすことにしました。

引っ越し業者選びに大苦戦 契約までの対応も重要なポイント!

一通り見積もり依頼を行い、予算・希望日を踏まえて業者を絞ることができました。業者を選ぶにあたって感じたことは、問い合わせをした際の、各担当者の対応で、その業者のイメージが大きく変わるということです。

話し方の雰囲気や、電話の折り返しなど、どれだけ真摯に対応いただけるかで、少しくらいの予算の違いはクリアしてしまうということです、引っ越し業者といえば、よくCMで流れているような有名業者の方が安心感があると考えていましたが、地域密着型の業者であっても、HPも充実しており、利用者からの評判も良い意見が多かったり、問い合わせに対しても親切に対応いただくなど、とても好感を持つことができました。

安くても、安心して任せることができなければ意味がないのですが、地域密着型の業者でも、十分信頼できるんだということを実感しました。

いよいよ引越業者の最終決定へ!

予算はできる限り抑えたいと考えていたので、インターネットでいろいろな情報を調べたところ、見積もりとして提示された金額からは、ある程度交渉すれば価格を安くしてもらえる場合があるということでした。

もちろん、時期によっては難しい場合もあると思いましたが、第一候補の業者が、第二候補の業者よりも、見積もりが高かったため、予算の問題をクリアできればぜひ御社にお願いしたい!といった相談をしたところ、価格を少しおさえることができました。

こういった価格の相談をした際でも、嫌な態度をとらずに、前向きに相談に乗っていただけたことも、大きな決め手となりました。

さすが引っ越しのプロ集団!あっという間に引越終了!

当日はマンションから戸建てへの引越でした。大きな家具以外の荷物は事前に自分たちで段ボールに詰めておくといったプランでお願いしました。3名の方に対応いただいたのですが、壁や廊下の養生を手際よく済ませ、大きな家具も軽々と運んでしまうテクニックに、とても驚きました。

段ボールの使い方も、単に中に入れるだけではなく、広げたり変形させたりしながら、すばやく家具を包んで運んでしまい、あっという間に部屋の中が空っぽになってしまいました。そしていよいよ新築の我が家へ!!もちろんですが、傷つけないように慎重に丁寧にお願いします!ということをしっかりと伝えました。

物が運び込まれる前に行う重要なポイントとして、家の中の傷のチェックがあります。引越でついた傷なのか、前からあった傷なのかをくまなくチェックし、業者と共有しておくことで、引越終了後のトラブルを防ぐことができます。

新築であってももちろんチェックは必要です!しっかりと家の中を養生してもらい、運び込みスタート!担当の方も元気に声を掛け合いながら動いていただき、安心してお任せすることができました。

引越を経験して感じたことは、引越は引越当日だけが重要なのではなく、それまでにどれだけお互いに信頼関係を気づくことができるかが大切だということです。直接引っ越しを担当してもらう方は、当日初めてお会いするのですが、納得して選んだ業者であれば、万が一トラブルが発生した場合でも、真摯に対応いただけるという安心感があります。

一大イベントである引越を成功させるためにも、業者選びに手を抜かなかったことが、成功の鍵だったなと思います!