引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引越しに準備する事とは?

引越し当日は、慌ただしく過ぎて行ってしまうものです。その為、引越し当日に準備しなければいけない事をメモ書きにして持っておくと、引越し当日に慌てることも少なくなると思います。

jsnasja

・引越し業者が到着したら

引越し業者が到着したら、まずは、今日のスケジュールの確認を行います。引越し先の住所の確認の他、わからない事があれば、この時に確認しておくと良いかと思います。
その後は、基本的には、プロの手に任せるようにし、後は、邪魔にならない程度に手伝うか、聞かれた事に答えるといった感じで十分です。

・公共料金などの清算・確認

ガス・水道・電気などのライフラインは、ギリギリまで使用すると思います。これらは、各自、引越し日が決まったらすぐに、その日に退去する事を電話で連絡しておきます。
そして、場合によっては、当日、担当者が来る場合もある為、その際は、清算などの手続きを行います。

・荷物が出た後の確認

荷物が全て出ていった後は、掃除を行っておきます。その際、一緒に、傷などの確認をしておくと良いかと思います。万が一、修理の請求があった場合に備え、実際、どの程度のものだったのかと分かるようにスマホなどで、気になる所は、撮影しておくと安心です。

・荷物を運び入れてもらう際の確認や指示

新居に荷物が付く前に到着し、荷物の確認。その後、運び入れる場所の指示を行います。大手引越し業者などの場合、まず、考えにくい事ではありますが、荷物がなくなっていないか。また、家具に傷がついていないかなども同時にチェックしながら、指示を出すと良いかと思います。
その後、完全に荷物が運び込まれた後は、新居に傷が付いていないか。また、割れ物など気になる段ボールは、引越し業者が帰る前に開けて、確認しておきます。

・引越し業者への支払い

引越し業者への支払いは、すべての作業終了後、そして、確認が終わってから行います。その際、見積書と同じかも確認し、支払いを済ませます。

・水道・電気・ガスのチェック
水道・電気・ガスなどを使える状態にします。元栓を開けるなどを行わないと使用する事が出来ない場合があります。
もちろん、引越し日が決まった際に、新居の方の水道・電気・ガスの開始も電話で使用開始をお願いしておく必要があります。

・ご近所への挨拶

引越しが終わり、時間的に余裕があるのならば、その日のうちに挨拶を行っておきます。しかし、あまりにも、夜遅くになってしまった場合などは、日を改め、翌日でも構いません。

・まとめ

引越し当日には、これら以外にも、個々にやっておかなければいけない事もあるかと思います。その為、必ず、チェックシートを作り、当日、忘れる事がないようにしておく事が大切です。