引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

【引越し】上手な荷造り方法について

荷造りって、引越しに慣れていない人にとっては、何から手を付ければ良いのかわからない事も多いかと思います。
しかし、いくつかのポイントさえ押さえておけば、さほど、難しく考える必要のない荷造り。では、実際、どのような点に気を付ければいいのでしょうか?

dncwnjcowc

・引越しの当日、又は、翌日に使用するものは、1つの段ボールに!

引越しする際、注意が必要なのが、すぐに必要になってくるものをしっかりと管理しておく事です。例えば、引越し当日に着替える下着やパジャマ、歯ブラシやコップなどの日用雑貨の他、翌日、出勤する場合や子供が学校に登校する場合は、それらの準備物もひとまとめにしておく事で、翌日も慌てることなく、出勤、登校する事ができると思います。
もし、車などで移動する事ができるなら、これらの段ボールのみ自分で運ぶ事で、実際、新居で段ボール探しを行う必要もなく、とても、お勧めです。

・本は、紐で縛って、小さめに!

本は、本棚に入れた状態では運び出す事ができません。その為、本は本だけでまとめる必要があるのですが、この時、本棚に入っていた状態のまま紐で縛る事で、元に戻す際、いちいち、並び替える必要もなく、非常に便利になってきます。
しかし、ここで注意が必要なのが、本の場合、重くなってしまいがちなため、できるだけ、小分けにしてまとめ、運び出しやすさも重視しておく事が大切です。

・段ボールには、必ずメモ書きを!

段ボールの場合、なかに何が入っているかわかりません。その為、入れたものが一目で分かるように段ボールには、必ず、何が入っているかメモを書いて貼っておく事をお勧めします。
また、メモには、どこに置いて欲しいかまで書いておく事で、引越し業者の人も迷うことなく、的確に部屋まで段ボールを運び入れてくれると思います。
また、メモは、段ボールの1面だけではなく、上と横の4面すべてに貼っておく事で、段ボールがどのように積み重なったとしても、メモを見る事ができ、お勧めです。

・段ボールの重さは、一人で持ち運べるのが基準!

段ボールに荷物を詰める場合、基準は、一人で持ち運べる重さまでにすると言う事です。大きい段ボールの場合、ついつい、詰め込み過ぎてしまう場合もありますが、そのような事は避け、特に重い食器や日用品などの場合は、時折、重さを確認しながら詰めていく事をお勧めします。

・まとめ

以上のような事に気を付け、荷造りを行えば、失敗することなく進めて行く事ができると思います。
また、荷造りは、季節外れのものや今現在、使っていないものから、行うと良いかと思います。