引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引越しをしてから、後悔する事が多い事とは?

引越しの場合、いくら注意し、新居選びを行ったとしても、何かと後悔する事も多いのが事実。では、実際、みなさんは、どのような事に後悔している事が多いのでしょうか?

jdncnwjcnjdwcw

・家賃の安さにひかれて・・・

家賃の安さにひかれ、少し不便な場所に住んでしまった事に後悔している人も多いようです。
例えば、駅から遠く、毎日の通勤が想像以上に大変だと後悔する人やスーパーやコンビニなどが遠く、買い物に不便さを感じる人。

その他、エレベーターのないアパートに住み、毎日の階段の上り下りを苦痛に感じる事や新居自体が坂の上にあり、毎日、大変だと後悔する人もいるようです。
内見に行った際は、「これぐらい、良い運動になる!」などと思った事でも、やはり、毎日ともなると別の話のようです。

・昼と夜、平日と休日とでは大違い

曜日や時間帯によって、周りの環境が大きく変わってしまう場所も少なくありません。
例えば、近くに学校や幼稚園がある場合、休日に内見に行った際には、気付かなかった音も平日になると騒音になる場合も多く、学校や幼稚園などが近くにある場合は、是非とも、平日の昼間に行ってみる事をお勧めします。

また、昼と夜とでも環境が違ってくる場合もあり、昼間では気にならなかった外の明かりが夜になると部屋に入り、気になると言った事も多いようです。

・部屋の狭さ

内見に行く際は、もちろんですが、何もない状態が多いかと思います。分譲の場合は、きれいに家具が飾っている場合もありますが、あれも、意外と落とし穴が多い事も。実際、少し小さめの家具が置いている場合も多く、実際、自分が使っている家具を置いた場合、狭くなる事も少なくありません。

また、何も置いていない部屋は、非常に広く感じますが、実際、引越しを済ませると「こんな、はずではなかった!」と言う狭さになる事も考えられます。

その為、必ず、寸法を確認し、家具を置いた際の広さも想像した上で決める事をお勧めします。

また、見逃しがちな収納スペース。収納スペースがあるとないでは、大きな違いが出てくる為、必ず、十分な収納スペースがあるか確認しておく事が必要です。

・まとめ

いくら、気に入った物件でも少なからず、引越し後に後悔する事はあるかと思います。しかし、そんな、後悔は最小限にしたいもの。その為、以上のような事に後悔している人が多い事を踏まえた上で、物件選びを行う必要があるかと思います。

そうする事で、後悔する事が少なく、気持ちよく新居に引越し、生活を送る事ができると思います。