引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引っ越しでピアノ、荷造り等、追加料金には、要注意!

引越しの場合、思わぬトラブルで、見積もり以外の追加料金が発生してしまう場合も少なくありません。では、実際、どのような場合に追加料金が発生してしまうのでしょうか?

・積み残しの発生

見積もりを実際、自宅で行ってもらわず、電話なのでの自己申告で行った際によく見受けられる積み残しのトラブル。
自己申告した荷物が実際の荷物の量よりも少なく、1台のトラックで積み切る事ができなかった場合、積み残しと判断刺され、積み残しの分量を追加料金される事になってしまいます。
例えば、大きな家具だけ申告し、小さな家財道具を申告しなかった場合や、実際、段ボールの量が予定より多くなってしまった場合などが主な理由になっているようです。

・荷造りが終わっていない場合

一般的な引越しプランの場合、荷造りは、本人で引越し当日までに行う事が基本になっています。もちろん、オプションに入る事で、事前に荷造りを依頼する事は可能です。
しかし、このオプションにも入っていないのにも関わらず、当日、作業員が到着しても、運び出す荷物の荷造りが終わっていない場合、引越しを行う事ができず、結局、作業員が荷造りの手伝いを行わなければいけなくなります。その場合、追加料金を徴収される場合がある為、注意が必要です。

・ピアノも引っ越す場合

ピアノは、専門業者でのみ引っ越す事ができる事は、ピアノを所有している人なら知っている事かと思います。もちろん、引越し業者の中には、別料金でピアノの引越しも受けているところが多いため、まずは、引越し業者に確認してみると良いかと思います。
その際、注意が必要なのが、ピアノの場合、階段の有無。また、階段の段数によって、料金が異なってくると言う事です。その為、階段の有無を伝えなかった場合、当日、階段の段数によっては、追加料金が発生してしまう場合もある為、注意が必要です。

・追加料金を発生させない為には

追加料金を発生させない為には、まず、見積もりの際は、必ず、自宅に来てもらい、実際にプロの目で荷物の量を確認してもらう事が第一になってきます。その上で、必要な段ボールを何日前までに届けてほしいとなどと言う事を具体的に依頼する事で、荷造りも進めて行く事が可能になってきます。
また、荷造りに自信がない人の場合は、できるだけ、荷造りパックを利用する事もお勧めです。
その他、新居の住所なども正確に伝え、新居の状況も把握してもらうようにしておきます。
このように、実際の引越し当日までに、引越し業者の目で確かめてもらう事で、当日の追加料金などのトラブルの発生を抑える事ができ、気持ちよく引越しを進める事ができると思います。

引越しを機会に風水でお部屋作り

引越しを機会に風水で運気を舞いこませてみては、いかがでしょうか?実際、大きな家具などを動かす模様替えは、引越し後では難しい事も多いため、できることなら、引越しの際に行っておくと良いかと思います。

・玄関

玄関の場合、家の中から見て、左側に注目させるようにすると良いと言われています。その為、左側に下駄箱を置き、その上に植物などを飾ると良いと言われています。ただし、造花やドライフラワーはNGです。あくまでも、生花や観葉植物などを飾るようにします。
また、玄関に鏡を置くと良いと言われています。しかし、この場合、置き場所には注意が必要で、絶対に玄関の正面には鏡を置かないようにする必要があります。玄関の正面に鏡を置く事で、玄関から入ってくる良い気まで跳ね除けてしまうと言われているからです。
そして、玄関マットは、必ず置くようにします。玄関マットがある事で、「殺気」を払いのける効果があり、また、玄関マットは、こまめに綺麗にしておく事をお勧めします。その為、引越しの際には、是非、新しい玄関マットを購入する事もお勧めです。

・リビング

リビングで欠かす事ができないのが、テレビとソファーです。この両者には、風水的に良いと言われている方角があります。それが、テレビが東。そして、そのテレビを見る為のソファーは西です。東から良い情報が入ってくると言われており、その状報をテレビから入手し、それを正面の西に座って受け止める事で、開運効果があると言われているからです。
その他、赤色のソファーは、風水的にはお勧めできません。もし、引越しを機会に新しいソファーの購入を考えているなら、違う色にする事をお勧めします。

・寝室

まず、寝室にベッドを配置する際、壁にピッタリとくっつけ配置するようにします。ベッドと壁の間に隙間があるとその隙間に気が強く流れ込んでしまい、落ち着いて睡眠を取る事ができないと言われているからです。
また、寝ている姿が鏡に映ってしまう位置に鏡を置く事もNGです。どうしても、そこにしか置く事ができないと言う場合は、鏡に布などを被せて映らないようにしておきます。

・まとめ

以上のように、玄関、リビング、寝室と言う場所は、風水でも特に注意が必要とされる場所になっています。方位など住む部屋によって、難しい事もありますが、ちょっとした家具の配置なら、工夫次第で出来る事も多いのではないでしょうか?
なので、引越しを機会に是非、風水で運気アップさせてみてはいかがですか?