引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引越しの準備の大まかな流れの確認をしなければいけない事とは?

引越しをする事が決まったら、まず、準備の為に大まかな流れを書き出す事が大切です。書き出して流れを把握しておく事で、どのような順で行っていけば良いのかなどといったスケジュール管理も行う事ができ、お勧めです。
11dscnjcnacaa

・引越しの日程を決める

新居が決まり次第、引越しの日程を決めます。引越しの日程を決める事で、今住んでいる場所の解約手続きも行う事ができ、スムーズに引越し準備を開始させる事が可能です。

・引越しの仕方を決める

引越しを行う方法は、二つ。一つは、引越し業者に依頼し、引越しを行う方法。そして、もう一つが、自分たちで引越しを行う方法です。どちらにせよ、どの方法で引越しを行うのか早く決めておかないと準備が間に合わない事も考えられる為、早めの決断が必要です。

・引越し業者に頼む場合

引越し業者に引越しを依頼する事に決めた場合、すぐに見積もりの依頼を行います。その際、一社だけではなく、できるだけ、多くの引越し業者から見積もりを取る事をお勧めします。そうする事で、価格を比べる事ができ、結果的に費用を安く抑える事が可能になってきます。
多くの引越し業者への見積もり依頼が面倒に思う場合は、一括見積もりサイトを利用する事で、簡単に多くの引越し業者への見積もりを依頼する事も可能になっています。

・自分で行う場合

自分たちで、引越しを行うと決めた際は、車の手配から段ボールや養生シートなどの手配を行う必要があります。レンタカーを利用する際は、レンタカーの予約。親戚や友人に引越しの手伝いを頼む場合は、できるだけ早く、日程と共にお願いする事も大切です。

・新居のレイアウトを行う

不動産会社などで、新居の図面をもらう事ができるかと思います。その図面を元に今ある家財道具をどのように配置するかをまず、考えておく事で、引越し当日に家具を右往左往にさせることなく、スムーズに作業を進めて行く事ができるようになってきます。
また、荷造りした段ボールにも、どの部屋に運んでほしいのかということを書いておく事で、段ボールを定位置に運び入れてもらう事も可能になってきます。

・住所変更などの手続き

各住所変更なども、引越し作業と同時進行で行っておくと良いかと思います。もちろん、引越し後でも、間に合う住所変更などですが、引越し後も、バタバタする場合も考えられる為、早め早めに手続きを行っておくと安心です。

・まとめ

以上のように、書き出してみる事で、何をどうすれば良いのかわかりやすくする事ができる引越しの流れ。そんな、引越しの流れを把握しておく事で、スムーズに引っ越し作業を進めて行く事ができると思います。