引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引っ越しは、曜日、時間帯を選ぶ事で、安くできる?

引越し業者に引越しを依頼する際、少しでも安くしたいと思うのは、当然だと思います。引越し業者に依頼する際は、少し工夫するだけで、随分、料金を下げる事もできる為、一度、検討してみては、いかがでしょうか?

karev

・お日柄によって、安くする事が可能!

引越しの場合、お日柄を気にする人も多くなっています。特に新婚さんや新築のマイホームに引越しする人などの場合、気にする人も多く、その為、「絶対に大安で!」と言う場合も少なくありません。

そのような事から言いかえれば、お日柄が悪い日に引越しする人が少ないと言う事が言え、特に日本人が一番気にする仏滅の場合、引越しをする人が、極端に少なくなる傾向があります。

その為、仏滅に引越しの日程を入れる事で、随分、安くする事も可能になってきます。その際は、わざわざ、「仏滅でお願いします。」と言う必要はなく、「空いている日で、結構です。」と伝え、その上で値引きしてもらうと良いかと思います。

・曜日によっても、安くする事が可能!

基本的に、土日祝日が休みの人が多いため、やはり、引越しの依頼も、土日祝日に集中する傾向があります。

混んでいる日は、やはり、引越し代を安くする事は難しく、その為、土日祝日を避けた月曜~金曜の間に依頼する事で、場合によっては、2割から3割程度、土日祝日に比べ、安く済ませる事も可能になっています。

・安い時間帯は、午後から!

引越しの場合、朝早くから行うイメージも強くなっていますが、そんな、引越しを午後から依頼する事で、同じ日でも随分、費用を安くする事が可能になっています。

午後からの引越しの場合、終わるのが夜遅くになってしまう場合もありますが、それを気にする事がなければ、何の問題もなく、安く引越しを済ませる事が可能です。
引越し業者は、午前と午後の2つの仕事を入れる事で、効率よく働く事ができ、その分、午後からの引越しの料金を安くしてくれるようです。

・まとめ

以上のように、同じ引越し業者においても、お日柄、曜日、時間帯を変える事で、随分、料金を節約する事が可能です。

その他、月の初めや末に引越しは集中する傾向がある為、その週を避け、月の半ばに依頼する事も、安くするポイントになってきます。

その際は、今の住んでいるマンションなどの契約の確認や新居の契約の確認を行い、月の途中での退出も可能かなどと言う点において、調べておく事をお勧めします。

万が一、月の途中で退出する事が出来ない場合、引越し料金との差額も考慮して決める必要がある為です。