引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引っ越し前に知っておきたい!引っ越し費用を安くする5つのコツ

【はじめに】

進学や就職、転職、転勤とともに、引っ越しをする方も多いのではないでしょうか。
新生活には様々なものにお金がかかります。
そのため引っ越し費用はできるだけ安く済ませたいもの。
そこで今回は、引っ越し費用を安くするために知っておきたいコツを5つご紹介します。
これを実践すると数千円は節約することができるはずです。
それでは、早速みていきましょう!

【自力で引っ越す】

単身で荷物が少ない場合や、同じ町内など、近距離で引っ越す場合には、自力で引っ越した方が安くなることもあります。
最低限必要な費用は、車のガソリン代です。
なお車を持っていないのであれば、レンタカーを借りる必要があります。
自力で引っ越しをする人は、軽トラを借りることが多いです。
レンタカー店によって違いますが、1日1万円弱で借りることができるため、予算に入れておきましょう。
そのほか、段ボールやビニールひも、ガムテープなど、梱包に必要な物の費用も必要です。
ビニールひもやガムテープは100均で買うことができます。
段ボールは、スーパーなどで余ったものを無料で配布している店舗もあるため、そこで入手すると引っ越し費用を節約することができるでしょう。
ここまで自力で引っ越す際のポイントをご紹介しました。
しかし、引っ越しの荷物は意外と増えてしまうもの。
冷蔵庫や洗濯機といった大型家電を一回で運搬するのは難しい場合もあります。
自宅と引っ越し先を何回も行き来しているうちに、

「実は引っ越し業者に頼んだ方が安かった!」ということもあるため、

自力で引っ越すかどうかは慎重に決めるようにしましょう。

【複数の引っ越し業者で見積もりをする】

業者に頼んで引っ越しをする場合、事前に見積もりをすることがほとんどです。
このとき1社にしか見積もりを依頼していないのであれば、

もしかしたら引っ越し費用で損をしてしまうかもしれません。
「どこに頼んでも同じような料金だろう」と思っている方もいるそうですが、

実は引っ越し業者によって、1万円以上差が出る場合もあるのです。
サービスやオプションによって、どの業者を頼むか判断するのも大切ですが、

「なるべく安く引っ越すこと」を希望しているのであれば、

複数社から見積もりをとるようにしましょう。
「でも見積もりだけでお金とられるのも嫌だし・・・」とお思いの方もいるかもしれません。
この点に関して、見積もりは無料である場合がほとんどのため、安心して大丈夫です。
そのため、できるだけ3社以上で見積もりをおこないましょう。
しかし、1件1件業者に電話して見積もりの手配をするとなると、面倒と考える方も多いはず。
そこでオススメするのが引っ越し業者の一括見積もりサイトです。
1回入力するだけで、複数の業者からの見積もりをとることができるため、ぜひ利用してみてください。
2~3日程度で直接連絡が来ることが多いそうです。
そこで業者と細かいやりとりをして、条件の合う業者に依頼すると良いでしょう。
また、そのような一括見積もりのサイトでは、引っ越し料金の相場が掲載されていることもあります。
それと比較して、できるようであれば業者に値引き交渉をしてみるのも、引っ越し費用を抑えるコツです。

【割引やキャンペーンを使う】

引っ越し業者は、各社さまざまな割引サービスを用意しています。
そのため、自身のシチュエーションに合った業者を選ぶことで、引っ越し費用をグッと安くすることができます。
それでは、大手の引っ越し業者で実際におこなわれている割引やキャンペーンをみていきましょう。
まず、クロネコヤマトでは条件に応じていくつかの割引があります。
たとえば、「WEB割引」というものがあります。
クロネコヤマトでは、WEB上で引っ越しサービスを申し込むだけで、なんと2000円割引になるのです。
手軽にできるので、嬉しい割引ですね。
そのほか、

・平日割引(搬出・搬入日が平日の場合2000円割引)
・早期申し込み割引(14日以上前の申し込みで1000円割引)

などがあります。
注目したいのが、これらが併用可能ということです。
そのため、たとえば引っ越しの14日前にWEB上で申し込むだけで、3000円の割引を受けることができます。
しかし、クロネコヤマトが指定しているシーズン期間(3月20日から4月5)日は平日割引、

早期申し込み割引を利用できないので、注意が必要です。
つづいて、アリさんマークの引越社では、WEB上にクーポンが掲載されており、

それを提示することによって、引っ越し費用から10%割引となります。
引っ越しは数万円かかることが多いため、10%というと数千円節約することができます。
これは大きいですね。
クーポンを印刷して見せるだけ、という手軽さも嬉しいです。
また、アート引越センターでは学割パックがあります。
大学や専門学校への進学をきっかけに一人暮らしを始める人も多いのではないでしょうか。
そんな方にとってオススメの割引です。
割引金額はホームページ上に「特別料金」と掲載されているだけなので、

どれくらいの割引率かはわかりません。
しかし学割パックの利用者にはもれなく、カーテンがプレゼントされるため、

2000~3000円はお得になると考えて良いでしょう。

【引っ越し費用が安い時期に引っ越す】

引っ越し料金は、業者の繁忙期には割り増しされることが多いです。
そのため業者が忙しくない時期に申し込めば、引っ越し費用を節約できる場合があります。
そこで、真っ先に引っ越しを避けたいのは3月と4月。
新生活を始める人が多い春は、引っ越し料金も高くなりがちです。
場合によっては、通常の1.5倍近く費用がかかることもあるそうです。
予定をずらすのは難しい方もいるかもしれませんが、できればこのような時期は避けたいところ。
また、料金が高くなるのは月だけではありません。
日によっても引っ越し費用が変わる場合があります。
たとえば土日は引っ越しを申し込む人が多いため、料金が高くなることが多いです。
そのほか、「午前中に今住んでいる家を引き払う」という方が多いので、

午前中の搬出も料金が高くなる場合があります。
そこで、以上をまとめると

3、4月以外の平日の午後が引っ越し費用を抑えるために最適と言えるでしょう。

【荷物を減らす】

一般的に、引っ越しは荷物が増えるほど料金が高くなります。
そのため、荷物を減らすことによって引っ越し費用を節約することができます。
それには「これは必要かどうか」もう一度荷物を見て判断することが大切。
「もう3年も使っていないな・・・」、

「サイズが合わなくなってしまったけど、いつかまた着られるかも!」

といった物は捨てた方が良いでしょう。
引っ越しの荷物の中で、本が大部分を占めている方もいるかもしれません。
引っ越し先の近隣の図書館に入っている本や、読みかけたまま放置している本は、

売るなどして処分を考えた方が良いかもしれません。
また、本を送ると電子化してくれる自炊業者もあるため、

そうしたサービスを利用して荷物を減らすことをオススメします。
引っ越し料金のなかでも特に運搬に費用がかかるのが、

洗濯機や冷蔵庫、ベッドなどの大型家電・家具です。
このような荷物を減らすためには、家具家電付きのマンションを選ぶのも良いでしょう。
また、シェアハウスでは家電やベッドの他、

食器や掃除アイテムといった生活用品も共用で用意されている物件が多いです。
そのため荷物を減らしたい単身の方は、

シェアハウスに引っ越すことも選択肢に入れてみても良いかもしれません。

【おわりに】

今回は引っ越し費用を安くするためのコツを5つご紹介しました。

・自力で引っ越す
・複数の引っ越し業者で見積もりをする
・割引やキャンペーンを利用する
・引っ越し費用が安い時期に引っ越す
・荷物を減らす

が、引っ越し費用を節約するためのポイントです。
以上を実践することによって、もしかしたら1万円以上料金を安くできるかもしれません。
新生活にかかる費用を少しでも抑えるために、今回ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。