引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

私の引っ越しでやること

管理人サキのプロフィールと裏ワザ

4

引っ越しの経緯

私は小さいころから何度か引っ越しを経験したことがありました。賃貸のマンションでしたが、主に親が中心となってやってくれていたので、引っ越しについての知識は浅く、いまいちよくわからない状態でした。しかし大学生になって一人暮らしを始めるようになって、少しずつ生活するうえで欠かせないことや大切なことを学ぶことができました。

そして無事に単位を取り終えて卒業することができました。しかし卒業式の前までに下宿先を引き払う必要がありました。入学するときには親が主に手続きをしてくれていましたが、卒業するときは私一人でやることになりました。社会人となる前ですので、自立させたかったのでしょう。

引っ越し業者選び

こうして私の引っ越し作業が始まりました。しかしまずは引っ越しを頼む会社を選ぶ必要があります。管理会社のすすめもあって3つの会社に見積もりをしてもらうことにしました。昔は見積もりをとるのに直接家の中へ案内する必要がありました。

しかし今は違います。大きな家具や持っていく荷物のおおよその量を伝えれば簡単に経費を知ることができるのです。さらにかかる時間や届く日程もすぐにわかるので大助かりでした。私の場合は電話でお話をしましたが、インターネットでも見積もりをすることができます。各社ごとに値段や特色が大きく違うのでじっくり選んでみるといいですよ。

引っ越し準備

費用やかかる日数などを検討して、私は日本通運に引っ越しを依頼することにしました。一人分でしたので、単身パックのコースを選びました。あらかじめ段ボールを10枚ほど送ってもらい、それを使って荷物をひたすら詰めました。

私自身、あまりものを買う方ではありませんでしたが、実際に作業をしてみると結構時間がかかってしまいました。引っ越しをする前から必要なものを取捨選択しておくことが大切なのだとわかりました。それでも思い切って捨てるなどして2日くらいで荷物を整理することができました。電気やガスについてもインターネットで止める日を指定することができたので助かりました。

荷物の受け取り

引っ越しの当日、時間通りに来てもらって荷物を運んでもらいました。とても丁寧な対応で、時間もさほどかかることなく終わらせることができました。また引っ越しの荷物の受け取りのときも、指定したとおりの日時に来てもらって、部屋の中まで運んでもらいました。段ボールのなかの品物にも傷や汚れなどもなく、大変満足しました。引っ越しをやる前はめんどくさいなと思って、考えるのもいやでした。

しかし実際にやってみた引っ越しの流れを振り返ると思ったよりもあっという間で、シンプルでした。費用も抑えることができました。これからもしまた引っ越しをする機会があれば今回と同じようにやっていきたいと思います。