引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

マンション購入して引っ越しで大忙し。

dncqicnq

マンション購入し売ろうとしたが

息子が独立して自分のマンションを購入したのは12年ほど前でした。そしてその息子が転勤となり、他県に引っ越すのでそのマンションを売りに出したのですが、海に近かったことから津波の被害が懸念されてか、なかなか売れませんでした。不動産屋さんからは再三の値引きをアドバイスされ、それに従ったのですが1年以上も売れないままでした。息子の転勤先の住まいは賃貸でしたが、売れないマンションのローンも払い続けている息子は困り果て、ついに私が住んでいるマンションを売って、そのお金で自分のを買ってほしいと言い出したのでした。

私のマンションは息子のマンションから車で15分程の高台でしたので、確かに売り易いかも知れませんが、購入して4年程でしたのであまり気乗りはしませんでした。それでもそこは親バカ、渋々承諾して不動産屋さんに売却をお願いしました。案の定、買い手は直ぐに決まりましたのでその事を息子に伝えると、それならローンの完済が出来るので、今の賃貸を止めて、既に候補としている売り出し中のマンションを買うといい出しました。要するに、私が自分のマンションを売り、そのお金で息子のマンションを買う、息子はそのお金でローンを完済して新しいマンションを買うとの事です。

資金の流れはそれで良いのですが、問題は引っ越しのプロセスでした。息子の転勤先の賃貸アパートは決して広くないので、売りに出していたマンションには家財道具や趣味の物が相当残されたままです。それを全て移動しない限り、私は息子の家への引っ越しが出来ません。かと言って、息子はまだ新しいマンションに移ってませんので、狭い賃貸アパートには荷物を送りだす事が出来ません。従って、息子が先ず新しいマンションに移る、そして私が買ったマンションに残されている息子の荷物をそこに送る。

その次に私の荷物を移動させる。最後に、私のマンションを買った方が引っ越してくる。とのプロセスが必要でした。早速引越し業者のA社に連絡し、私が買ったマンションにある荷物を息子の新マンションに移す費用と、私が売ったマンションの荷物を買ったマンションに移す費用の見積もりを依頼し、日程の打ち合わせをしました。勿論、息子が新マンションに入居する日以降で、かつ私のマンションを買った方が了承した日程です。それだけでも結構気疲れする大変な調整作業でしたが、引越しの当日には都合で息子が来ませんでしたので、2軒分の荷造り作業を全て私がやりました。何とも親バカな忙しい「玉突き引っ越し」となりました。