引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引っ越し先をさがす上で重要な事とは

002

新しい引っ越し先をさがす

新しい引っ越し先を捜す理由は進学、就職等色々ありますが先ずは自分の勤務先から近いところから捜し始めます。自分の勤務先から近いところが条件に合わない場合は少し遠くにしてみましょう。家賃で条件が合わない場合は少し便利がわるいところだと家賃もぐっと安くなります。それと一番重要なのはそのアパートの設備です。これだけは譲れないという設備、例えば温水洗浄便座やテレビドアホン等がついていない引っ越し先でも大家さんに相談して付けていただければ入居しますと条件を出しましょう。大家さんも入居してもらいたいのでそれぐらいだったら応じてくれます。

引っ越しをする前の準備

引っ越しをする前の準備これが一番大変です。引っ越し経験者なら分かると思いますが、意外と部屋の中の荷物をまとめると他愛量にありいるものと、いらないものの仕分けに困ってしまいます。最終的には邪魔なので大量の荷物がごみ処分行になります。ただ処分するだけではもったいないので、事前に古着屋やリサイクルショップ等に持って行きいくらか少額でもお金に換えておいたほうが良いです。あとは自治体が変わる場合は転出届や他の手続きがありますので、あらかじめスケジュールをたてて引っ越し間近になって忙しくならないように気をつけましょう。

引っ越し業者を使うか自分で引っ越しをするか

引っ越し業者に依頼した人、自分でレンタカーでトラックを借りてきて引っ越しする人等色々いると思います。引っ越し業者を使用する人は比較的楽なパターンで依頼金額によっては全て引っ越し業者が梱包等してくれるコースもありますのでかなり楽です。しかし自力で引っ越しを考えている人はかなり大変です。前日までに全ての荷物を梱包しておかなければいけません。そして人手の確保です。一人より人数がいたほうが格段に作業の効率があがり引っ越しも楽に行うことができます。自力で引っ越しをする場合は予想以上に時間がかかったりするので余裕をもったスケジュールで引っ越しに臨みましょう。

引っ越しで一番重要な事

引っ越しで一番重要な事それは段取りの良さにつきると思います。引っ越しと言うものは簡単にはできませんので事前の準備、引っ越し当日のスケジュール、引っ越した後のスケジュールこれをしっかり決めておきましょう。スケジュールを決めておくと今日やるべき事とやらないでいい事が分かるのでかなり楽になります。
それと知人に協力を依頼して引っ越しをする場合が最も段取りが重要です。運び出したりする段取りが悪いと知人と段々雰囲気が悪くなり、引っ越しも疲労感もあるので最終的には喧嘩なんてこともあり、引っ越しどころではなくなりますのでので要注意です