引越しレスキュー

引っ越しの方法、手続き、体験談、見積り

引っ越し業者を選ぶにはどうしたらいいか?

0504004

年齢は35歳です。名古屋市から金沢市までの引越しでした。引越しはA社に依頼しました。引越し見積もりサイトで、一括見積もりを利用しましたが、他社に比べて、費用もリーズナブルだったため、依頼することにしました。小学校の春休みに引越したのですが、繁忙期ということで、費用も想像以上に高額になりました。

なんとか、子供の小学校の新学期に間に合わせるように、引越しをしたかったのですが、引越し業者の繁忙期とかなさっていたため、新学期よりも数日遅れで引越しをすることにしました。それだけでも、数万円の節約になりました。また、小さい子供がいて、なかなか詰め込み作業がはかどらないため、引越し業者に梱包をお願いするつもりでした。

ところが、このサービスを利用すると、繁忙期ということもあり、十万円の費用が余分にかかってしまうという説明でした。そのため、子供を親戚に預けて、自分たちで荷物を箱詰めすることにしました。自分たちで梱包してみると、引越し業者からもらったダンボールだけでは、とうてい足りなくなってきました。そのため、スーパーで不要になったダンボールをもらったり、業者からも中古のダンボールを追加で届けてもらいました。

少し困ったのは、引越しの日取りが決まっても、作業開始の時間が、引越し前日までなかなか確定しなかったことです。忙しい時期ということもあり、トラックと人員の手配がすぐに確定しないことがその理由とのことでしたが、アパートの立会いの時間も決めなければならなかったので、少しやきもきしました。

一方、引越し時期を繁忙期からずらしたことと、土日休日ではなく平日を選んだため、引越し費用も抑えることができました。土日休日に引越しをする人が多いため、ぎゃくに、平日のほうが引越し費用が安くなる傾向があるようです。また、引越し見積もりサイトを利用すれば、複数の引越し業者から、選ぶことが可能です。複数の引越し業者で見積もりを取ったほうが、費用も安くなるといわれています。

引越し業者によって、費用も大きく変わってきます。荷物の量や距離も同じなのに、業者によっては数万円から数十万円の差になることもあります。その反面、複数の引越し業者から見積もりをとるのも、なかなか骨が折れます。そんなときに利用すると便利なのが、引越しの一括見積もりサイトです。

おおまかな荷物の量、行き先、希望の日時、連絡先などをサイトに登録するだけで、複数の引越し業者から見積もりの相談メール、電話が届きます。そのため、一社一社事前の見積もり依頼の連絡をしなくても、スムーズに連絡がもらえるメリットがありです。

管理人サキのプロフィールと裏ワザ

引越しはお任せプランに限るわけとは